水源池Ⅲ

IMG_5256.jpg

スポンサーサイト

水源池Ⅱ

IMG_5214.jpg

解氷

IMG_5238.jpg

IMG_5241.jpg

IMG_5223.jpg

閉ざされた季節も春を迎えて・・

爽やかな香り

IMG_5195.jpg

ストックの花の香りが、部屋中にあふれて・・

猫柳

IMG_5081-1.jpg

いつのまにか、柔らかにふくらんで・・

IMG_5078.jpg

ヤマガラも、にぎやかについばんでいました。

春みっけ♪

今年は、雪が多いので、まだだろーなーと思っていたのですが、
雪にずぼずぼ(^_^;)ぬかりながら、歩いてみると・・

IMG_5058.jpg

水芭蕉が、雪を持ち上げるように、顔を出してました。

IMG_5071.jpg

さらに、川に向かうと、ふきのとうが・・

IMG_5061.jpg

小さな植物達も、頭をもたげていました。
雪の下で、春の準備は、着々と進んでいます。
土手の水溜りは、滋養に満ちているんですね❤

開拓の村Ⅱ

IMG_5016.jpg
旅館

IMG_5023.jpg
新聞社

IMG_5029.jpg
医院

IMG_5034.jpg
写真館

IMG_5019.jpg
蕎麦屋


建物が沢山あって、回りきれませんでした。
本日は、ほんの一部を、入り口から、ちょこっと撮りです。

昔の雰囲気に、つい撮らされてしまいますね~
次回は、テーマを決めて、撮ろうかな。

開拓の村

開拓の村に行ってきました。

IMG_5005-1.jpg

まだまだ雪の残る旧札幌停車場(入口管理棟)ですが、
青空に映えて、爽やかな風景でした。


IMG_5047.jpg

中では、観光客の若者たちが、昔の外套と冬靴を纏って、楽しそうでした。
寒そうに見えましたが、「温かいですよ~」とのこと。
北海道人の私は、身につけたことがありません。
そんなものですよね~(笑)

手編みのセーター❤

IMG_5001.jpg

オーナー久しぶりの登場です。
いつも可愛がってくれる、大好きなおばさんが、
寒がりのオーナーのために、セーターを編んでくれました。
手の込んだ模様編みで、素敵でしょ?(ちなみにこれは、2枚目です)
本当に感謝してます。

最近オーナーは、ちょっと体調が悪いのですが、
素敵なセーターを頂いて、ご満悦?です。

オーナーの体調次第で、ブログが滞ることもあるかもしれませんが、
頑張りますので、皆さん、ぜひ、お立ち寄りくださいね。

春の雪


3月も半ばというのに・・雪です。

IMG_4955.jpg

でも、いつの間にか、みぞれに変わっていました。
春は、遠くはないのですよね・・
頑張らねば!

IMG_4963.jpg

ポスター

IMG_4941.jpg

色あせても・・  

色っぽいですね~

光の中で!

きらめく川面に一羽のオオハクチョウ・・

IMG_4855-1.jpg


雪の上でも、美しい姿を見せて・・

IMG_4870.jpg

まだまだ護岸は、雪に覆われた北国の沼に、
沢山の鳥たちが羽を休めていました。
オオハクチョウやカモ、サギの姿も見えました。
すごいですね~ 感動しました。

  *コハクチョウだと思っていたら、オオハクチョウだそうです。
   訂正させていただきました。

ヤマゲラ

IMG_4777.jpg

「キョッキョッ」というより、もっと甲高い声で鳴いていました。
振り向くと、ヤマゲラ・・\(◎o◎)/!

今年は、色々な鳥達に出会えて、とっても嬉しいです。
と言うか、今まで気づかなかったんですよね~。

青い鳥は、やはり、近くにいるものなのかもしれません。


再びのⅡ

IMG_4759.jpg

凍える川面です。
可愛いいスケーターも登場。

キャベツ姫

IMG_4807-1.jpg


ハボタンの花から、キャベツ姫が誕生!


口の悪い王様にかけられた魔法ではありませんが・・
なんだか、可愛いでしょ?

絵本を読みたくなりました。

日差し

IMG_4688.jpg

爽やかな冬色の空

再びの

IMG_4718.jpg

雪景色です^_^;

夜警

IMG_4441-2.jpg

境界線

IMG_4574.jpg

その一歩に迷う時・・

屋根

IMG_4682.jpg

たっぷりと雪を纏って・・

夜の公園

IMG_4676.jpg

やわらかなピンクに染まって・・

凛々しくて!

IMG_4640.jpg

久しぶりに山際の道を歩くと、
立派な角のイケメン君に出会いました。


3月に入り、多数のシカが麓のほうに下りてきています。
食物被害が拡大しているようで、心配です。
早く山奥に帰ってほしいと願っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。